2008年11月02日

だから清の墓は小日向の養源寺にある

先日、打ち合わせが終わって、話が漱石や太宰、三島由紀夫に及びました。

P1040327.jpg  実は内心ちょっとうろたえていました。
 だって10代後半から20代の読書ですから。
 すでに青春の遠花火です(^^;;

 若い編集者(女性)は漱石なら『こころ』が好き、
 『坊ちゃん』はちょっと苦手……。
 ますます言いづらいなぁ、
 『坊ちゃん』のほうがいい、特に清がなんて。
 
久しぶりにひっぱりだしましたよ、岩波文庫の『坊ちゃん』。

この小説、最後がこうです。
P1040328.jpg

  死ぬ前日おれを呼んで坊ちゃん後生だから清が死んだら、 坊ちゃんのお寺へ埋めてください。 お墓のなかで坊ちゃんの来るのを楽しみに待っておりますと言った。
 だから清の墓は小日向の養源寺にある。





これが一番美しい「だから」の使い方と言ったのは井上ひさしだったでしょうか。


↓一方、こんな川柳があることを、昔、教室で教わりました。


  去り状をくれろといはず風吹けば (江戸川柳)


あんたなんかにゃ愛想が尽きた、
さっさと離縁状をお書き。
……そんなことは決して言わなかったよなぁ、伊勢物語の筒井筒のあの女は……

浮気でもばれたのでしょうか、江戸の馬鹿な男の身勝手な嘆き節が聞こえてきそうです。


きっと男はいつだってだらしない馬鹿者です。
そのだらしなさでさえ、いざとなれば許してもらえると高をくくっている。

しまつにおえません。

坊ちゃんと江戸川柳男、ともに母性を求める同じ系譜上にあるような気もします。
もしかして平安から現代に至るまで綿々と続いているのかもしれません。


うーん、もしかして女性の理解の外かもしれませんね(汗)



posted by 長谷川 泰志 at 23:24| Comment(2) | 長谷川ゼミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広島経済大学 〒731-0192 広島市安佐南区祇園5-37−1
TEL:(082)-871-1000 FAX:(082)-871-1005

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。