2009年02月28日

花粉症

やあやあ みなさん!松井ですわーい(嬉しい顔)

今週は、このブログの当番でしたが、二回目はとうとう今日になりました手(チョキ)



今週は多忙でした。ん?
「忙」の字は、「心を亡くす」とは、まさしくそのとおり。
漢字はうまくできていますね

さて、ご多分に漏れず、わたしもひどい花粉症なんです。
頭がずきずき、目が痒くて…ふらふら

にもかかわらず、おとといは、会議が終わってから、裏日本にまわって、
その上、深い山に入り、最悪の体調でした。
ただ、わたしはマスクが嫌いなんです。
どことなく視野が狭くなるようで不安があります。
困ってしまいますバッド(下向き矢印)

さあ、明日から三月です。
になるとなんとなくうれしいですねわーい(嬉しい顔)

花粉症とたたかいながら、新学期の準備を進めます!
ではでは手(パー)グッド(上向き矢印)
posted by 松井 一洋 at 11:17| 松井ゼミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

山口県

やあやあ、みなさんexclamation

二ヶ月ぶりですわーい(嬉しい顔)春休みのキャンパスは、静かに時間が過ぎていきます。
でも、あと三週間で卒業式、そして一ヶ月あまりで入学式ですかわいい
武田山満開の桜のしたで、今年は、どんなみなさんと出会えるのかとても楽しみでするんるん

さて、少し近況をお知らせします。この20日、21日と二日間にわたって、
山口県の「子供見守り講習会」地域のみなさんにお話ししました。
21世紀の安心で安全なまちづくりについて深く考える時間でした眼鏡
地元のテレビTVや新聞メモに取材していただきました。
山口のみなさん、もし、わたしの名前を発見されたら、メールメールをくださいね(笑)

ところで、わたしがこのような社会活動をしていますのも、
学問はどんな分野でも、人間のぴかぴか(新しい)幸福ぴかぴか(新しい)のためにあるのだと思っているからです。
いや、そうあらねばならないのではないでしょうか。
なんて、ちょっと意気がってみました手(グー)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

山口市の国宝「瑠璃光寺」の美しい五重塔を仰ぎながら、あらためてそんなことを考えました晴れ

早く、みなさんとご一緒に学問したいですね。お待ちしていましすムード

ではでは…今週は、もう一度、おじゃますね!
posted by 松井 一洋 at 20:32| 松井ゼミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

フォトカルタが完成しました!

carta3.jpgcarta2.jpg

 11月に「安佐動物公園で「フォトカルタ」撮影会!」で紹介したカルタが無事完成しました!! これは興動館授業「私たちの広島 フォトカルタづくり」で行っているもので、1月の末には学生同士の相互評価を兼ねたカルタ大会を行いました。完成したのは次の6作品です。

・知ってた? 広経大あれこれ
・大学へ通う道
・これが宮島!
・おいしい経大
・私の広島おすすめスポット
・安佐動物公園にて

carta5.jpgcarta6.jpg

 グループは自然と1年生、2年生、3年生と分かれましたが、多くは男女や学科が入り混じってのグループ構成となりました。完成した作品をごく簡単にですが、ご紹介しますね。

carta8.jpg 「知ってた? 広経大あれこれ」は1年生が大学のちょっと気になる物・人・風景を撮って集めた作品です。整然としたパンフレットなどの情報とは異なった雑然さが逆に魅力で、生き生きとした大学生活が伝わるカルタとなりました。

 「大学へ通う道」は1年生の女の子2人組が通いなれた通学路を撮りました。道路標識や、電線、畑や木々など、切り取られた風景は情緒的でどこかもの哀しく、ロードムービーの一場面のような印象を残します。

 「これが宮島!」は2年生の男の子5人が勢いよく撮影に出かけた力作です。鳥居と瀬戸内海をバックにサングラスでポーズを決め、伝統的な観光地を駆け抜ける躍動感が魅力です。自分たちを積極的に被写体にしたのはこのグループだけでした(^^)
carta4.jpg 「おいしい経大」はミクロな視点が面白い作品です。ペットボトルやパン、アイスクリーム、普段自分たちが食べているものを画面いっぱいのアップ写真で紹介していきます。日本に来たばかりの外国の人たちなどに役に立つカルタかもしれませんね。

 「私の広島おすすめスポット」はメンバーそれぞれのおすすめの広島をテーマにした作品です。いわゆる観光名所ばかりではなく、日ごろ住んでいる広島の様々な場面が取り上げられています。あひるやアイスクリーム、海岸のカップル、じゃれる猫、虹、市民球場から花火まで、一人ひとりの心に留まった大切な一コマが集められ、遊ぶ側にも思いを残す、そんな作品に仕上がりました。

 「安佐動物公園にて」は動物園に撮影に出かけた作品です。何時間もかけて撮影しただけあって、写真には公園中のたくさんの動物が紹介されています。

 どのチームもアイディアを企画にまとめることと575調の読み札をつくるのが難しかったようです。感想には、楽しくできたことへの満足感、グループワークの苦労、作品を完成させたという達成感、PC操作技術を向上させた自負、次の作品づくりへの意欲、などが寄せられました。

posted by 土屋 祐子 at 14:00| 土屋ゼミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

初めての映像制作を終えて

 今日ご報告する「デジタルメディア演習I」は映像制作の入り口となる授業です。「リニア編集に挑戦! デジタルメディア演習I」で紹介しましたが、基本的なカメラ操作の練習から、企画、構成、撮影、編集と実践的に学んでいきます。授業では3回、パートナーを変えながら1分程度の映像を制作しました。3回目は自由テーマとし「経済大から見ることができるとっておきの風景」「経大生のファッションセンス」という自分たちの発想で撮影を行いました。

 もちろん、全て初めてのことですから最初からうまくはいきません。私の教え方も含め、とまどいもつまづきもあったと思います。最後の授業では、半年を通じて学んだことを、特に最初うまくいかなかった点を重視して書いてもらいました。スペースの都合で全員ではないですし部分的な抜粋になってしまうのですが、ご紹介します。いかにみんなが主体的に、多くの気づきを持って取り組んでいってくれたかがわかります。実に楽しく、学びの密度の濃い半年間でした。

movie1.jpg

 作品を制作するにあたってまず大切なのは観る人に何を伝えたいかを明確にすることです。とりあえず、何でも良いから撮ってみようかといった考えでは、なかなか良い作品は仕上がりません。どうすれば相手に伝わるか? 何を撮れば一番分かりやすいか? そこでどんなセリフを話せば良いか? などしっかりと考えた上で構成を練っていくのが大切です。行き当たりばったりな感じで制作に取り組むと、グダグダになってしまうことは、今回の授業で、ひしひしと感じました。(鴻上将大)

 (映像制作で大切なことは)ロケーションハンティングを行い、出演者のアポイントメントを出来るだけ早めに具体的に決めておいた方がいいということです。最初の頃の撮影でロケハンなどきちんと準備していなかったために、撮影時間も長引いてしまい、スムーズに進めることができませんでした。また、撮影が授業中なため、急に撮ろうと思ってもちょうど良い出演者が見つからず、あり合わせの人達で撮影を進めていくはめになってしまいました。(S)

movie-production2.jpg

 作品の撮影をするにあたって、最初はパンやズームなどを、むやみに使っていました。技法を使えば、上手く撮ることが出来ると思っていました。撮影後、みんなで見てみると意味なく技法を使っていることが不細工に映り、自分たちが何を表現したいのか、全く伝わりませんでした。作品を作っていくにあたって、段々とパンやズームを使わない方がシンプルできれいな映像が撮れると分かっていき、やりやすくなりました。またアングルなどを工夫すれば、同じ場所でも、全く映り方は変わってくると分かりました。ローアングル、ハイアングルなど、自分で見方を変えるだけで、違う景色になると知りました。(宮原亮)

 (映像制作)に大切だと思うのは、撮影の技術です。今回、3回の制作をしてみて、いつもは何気なく見ているテレビのカメラマンの人達が、どれだけ技術が高いかが分かりました。自分達の作品を見てみると、映像がブレていたり、パンするスピードが速すぎるなど、撮っている時には分からなかった、難しい点がたくさんありました。どれだけ完璧に準備をしていても、映像がブレていたり、撮影する環境に合ったフィルタの調整が出来ていないときれいに撮れません……映像制作の難しさを知ってから、テレビなどを見ると、カメラマンの伝えたい事などがよく分かるので、撮影の技術は大切だと思いました。(久保光)

posted by 土屋 祐子 at 16:01| 土屋ゼミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

大学の入り口

 こんにちは。土屋です。まだ寒いですが、眩しい日差しに春の訪れを感じます。何か心はずみますね。試験も無事終わり在学生のみんなは春休みに入りました。今週は担当した授業をふり返りたいと思います。

 まずは1年生を対象とした「入門ゼミ」。1年間を通じて、大学での過ごし方や取り組む姿勢、調査方法やレポートの書き方など、大学生としての素養を身につけていく授業です。私も赴任1年目でしたので、一緒に一つひとつ広島経済大学への理解を深めていくこととなりました。

semi1.jpg メンバーは12名いましたが代表して山本さんに授業の感想を書いてもらいました(どうもありがとう!)のでご紹介します。

 1年間入門ゼミを受けてきて、一番驚いたのは前期と後期とでの内容のギャップです。前期は大学生活のことについてなどを教科書で読んだりプリントに書き込んだりなど、割とゆったりした内容でした。しかし、後期に入ってからは自分でテーマを決めて調査し、レポートを書くという前期とはまったく違った内容に変わっていて少し戸惑いました。そのレポートも、参考文献の記入など、今までにやったことのないことを取り入れたり、私の場合は文献からの情報を引き抜いてくるだけではとても作成できそうになかったので、自分で調査をしたりしてけっこう骨が折れました。
 と、いろいろ大変ではあったのですが、前期・後期で学んだことはどれも重要なことで、これから大学生活を送る上で知っておく必要のあることばかりだったと思います。1年間を通して大学の基礎を学んだので、これからはより良い大学生活を送っていける気がします・・・多分。(山本明日香)

 1年間お疲れ様でした。高校から大学へと大きく環境が変化する中、戸惑うことも多かったでしょうが、ふり返れば、それぞれのテンポでみんな驚くぐらい多くのことを身につけてくれたと思います(^^)よい春休みを! 4月からまた一緒にがんばりましょう。

posted by 土屋 祐子 at 17:27| 土屋ゼミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

やっちまったなぁ

いやー写真を沢山アップするexclamation×2といったものの、不具合でアップできませんorz

もお〜やっちまったなぁexclamation×2exclamation×2exclamation×2

てことで陳腐な文章で軽く解説しまーす。

まず第2弾バンドに決まったバーンについてexclamation×2

経大生3人によるバンドでうち2人はメディアビジネス学科の生徒です。
ハードロックを基調とし、特別なことは何もしていないロックンロール猫

良いものはいつまでたっても良いと思わせる音楽性は必聴ですexclamation

さぁレコーディングレポに行きましょうかね(o・v・o)

レコーディングスタジオは「セントルイズ・スタジオ」
住宅街のど真ん中にある一見スタジオに見えない隠れ家的な場所。

初めは笑顔も見せていたバーンの面々でしたが、テイクを重ねるにつれ、余裕も無くなっていき、緊張感が張り詰め……

ミスが許されないレコーディングはとてつもなく過酷な作業なのだなぁと思いましたね( ̄▽ ̄)

そんな苦労をして出来上がったのだから駄作なわけがありませんexclamation×2exclamation×2exclamation×2

表題曲は、スケールのでかいロックンロールの曲で、カップリングには、シットリと甘いバラードナンバー(>д<)

リリースはまだ未定ですが春には皆さんのお耳に届けることが出来るのではないでしょうか。

お楽しみにexclamation×2exclamation×2
posted by 生明 俊雄 at 23:34| 生明ゼミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

第2弾バンド発表!

第2弾バンドは………



Burnexclamation×2exclamation×2exclamation×2



に決定しましたぴかぴか(新しい)

いえーい(o・v・o)

てことで只今レコーディング中であります(o^-^o)

どうにか無事に終わりそうです。
リリースはまだ未定ですがお楽しみに( ̄▽ ̄)

次回こそ、レコーディングの写真を一杯載せてレポートしまーす(´Д`)
posted by 生明 俊雄 at 16:12| 生明ゼミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

アザミゼミのお時間です

どうもお久しぶりです!!
今回のアザミゼミブログの担当はあいもかわらずりょーたでございます((+_+))

さてさて、我々学生は試験も終わり春休みに突入いたしました。
いままで長期の休みになるとワクワクしたものですが、今年は何かが違う・・・


そう就活です(−−〆)

ほんとこの休みが勝負ですからねぇ〜がんばりましょうーーー(^^)/

そしてexclamation×2exclamation×2exclamation×2
HUE-STAR第二弾アーティスト決定ひらめき
前回のライブから話し合った結果・・・


それは次の更新でわーい(嬉しい顔)


ゆーて昼過ぎごろにしますけどね。
なぜかって??

それは第二弾アーティストのレコーディングが今日明日と行われるからデスexclamation×2exclamation×2
そうです。CDリリースも決定いたしております。
なわけで、今日明日とレコーディングの風景を(ほぼ)リアルタイムで更新します。
よろしくねーーーー( ..)φメモメモ

追記
古本先生のブログに出てきたキジ、見たことあります!
ほんとに綺麗でしたよ手(チョキ)
posted by 生明 俊雄 at 09:52| 生明ゼミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

雉も・・

                                                           

  最近、私の研究室(7号館:情報センター)の近くに雄の雉が           
  出没します。                              
                          .\ 窓から撮影しました。
  
  羽根やしっぽの色がとてもきれいで、 近づいてきたら、飽きもせず眺めていました。
  職員の方のお話では、前から見かけられたそうですが、情報センター近辺で見かける
  様になったのは、ここ二か月程です。
       黒い猫です。   F100001601.jpg     F100001801.jpg             
  
  ところが、ここ数日雉が来ません。大学近辺に魅力が無くなったのかな、などと
  勝手に思っていましたが、今朝写真のような獰猛な(?)顔をした黒猫が歩いて
  いました。(遠くにいるのを撮影したため写真では獰猛さが見えない)
  この猫を警戒して近づかなくなったのかも知れません。

   雉の事を書いていて、雉に関することわざや慣用句を思い出しました。
  「雉も鳴かずば撃たれまい」「雉子(きぎし)の頓使い(ひたづかい)」
  「焼け野の雉子(きぎす)夜の鶴」「朝雉が鳴けば雨、地震が近づけば
   大声で鳴く」などなど。意味は書きませんが、ケーンケーンと鳴く声に
  由来したものも多いようです。(一度鳴き声を聞いたが雨にはならなかった)
   
   雉も鳴かずば・・と言われることの無いよう、自省も込めて雉との再会を
  待ちます。

  追記:最初の投稿時、「くろがねもち」について書きましたが、昨日朝は
     真っ赤な実を葉が隠れるくらいつけていたのが、夕方帰宅したら
     きれいに無くなっていました。家の者に聞くと一日中「ひよ」の
     軍団が来て、食べていったそうです。「ひよ」がどうして昨日来たのか
     何故集団で来たのか、調べると面白そうです。

posted by 古本 泊 at 17:47| 古本ゼミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広島経済大学 〒731-0192 広島市安佐南区祇園5-37−1
TEL:(082)-871-1000 FAX:(082)-871-1005

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。