2008年10月29日

火曜日に思う


28日の火曜は授業のない日。
こういう日が週に一日あるのです。

何をしているかと言いますと……、


午前中にゼミ生と打ち合わせ、
その後たまっていた書類を猛スピードで処理し、
午後から、他校でコミュニケーション論と文章表現の授業。
比較するというわけではありませんが、これがなかなかいい刺激になります。


その後、出版の方と打ち合わせ。

夜は自宅で研究論文の校正。

校正3.jpg  手紙3.JPG 
そして研究会「手紙を読む会」の勉強を少し。
江戸の文人、儒者、武士たちの手紙(写真右)を読み解く会に参加しています。

いやー、江戸の人たちはほんとによく旅をしてますね。
彼らのもたらす「文化の通り道」には興味が尽きません。

研究会が終わった後の情報交換も楽しい時間です。
研究会3.jpg
 S先生(左)は、日本初の流行作家井原西鶴の研究で有名な方。

F先生(中)は、実録や出版流通で精力的な成果を発表してる研究者。

おふたりともお話が面白いのですよ。
いつもほんとにありがとうございます。(写真は先週土曜日)

つくづく思うのはインプットの大切さです。

メディアビジネス学科では映像や印刷物などメディア制作授業をカリキュラムにとりいれています。

いわばアウトプット作業です。しかし、インプットのないアウトプットなんて考えられませんものね。

やはり中身を豊かにしませんと……

さてどうやって……

などと考える日でありました。

それでは失礼します。

posted by 長谷川 泰志 at 04:01| Comment(0) | 長谷川ゼミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広島経済大学 〒731-0192 広島市安佐南区祇園5-37−1
TEL:(082)-871-1000 FAX:(082)-871-1005

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。