2009年01月10日

映像サポーターミーティング

これから1週間は林が担当します。本年もよろしくお願いいたします。

「次世代の映像制作者にこそ、地方の情報発信の魅力」について本格的に学ぶ場があれば、と広島フィルムコミッションの方がたや他大学のメディア教育の先生との話し合いの結果、フィルム・コミッション主催で実際に動いていただいて、イベント実現の運びとなりました。日時は1月17日(土)17時から20時まで、場所は広島市まちづくり市民交流プラザ6階、マルチメディアスタジオです。

入場は無料です。広島という土地をじっくり観察し、そこでの独自性について自らのテーマをあたため、世に問い続ける、広島が誇る映像ディレクターのみなさんがご自分の作品について語るのが第一部。その後、それぞれのディレクターたちが小さなグループに分かれ、少人数にて直接ご本人達とディスカッションが出来る、めったにない機会です。出席される講師の方々と、それぞれの作品は、中国放送からは平尾直政ディレクターが「子どもと島とおとなたち」を、広島テレビからは山本敦士ディレクターの「108年目のボンジュール」。広島ホームテレビでは野中保宏ディレクターの「ストリートファイターズ@広島」、テレビ新広島からは川口修治ディレクターの「小さな追跡隊・千円札どこまでいくか?」。そして、NHK広島放送局からはドラマ「帽子」を担当された、黒崎博ディレクターが参加されます。わたしももちろん、5局のディレクターが一堂に会するなんて絶好の機会ですし、出席させていただきます♪

azbc1.jpgaclo.JPG経験のあるなしは関係ありませんので、映像制作に興味のある学生は、映像を作る醍醐味や、取材テーマを選ぶ視点、そしてそれをどのような構成にしぼりこめば「魅せる作品になるのか」など、多くのことが学べるこの機会に、足を運んでみてはいかがでしょう?(わたしはいつか、映像制作者にとっては、困難なテーマのひとつ、といわれるこういう動物とのコミュニケーションをテーマにしたドキュメンタリーを作ってみたいと思っています・・・)
posted by 林 晶子 at 06:49| トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広島経済大学 〒731-0192 広島市安佐南区祇園5-37−1
TEL:(082)-871-1000 FAX:(082)-871-1005

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。