2009年02月16日

大学の入り口

 こんにちは。土屋です。まだ寒いですが、眩しい日差しに春の訪れを感じます。何か心はずみますね。試験も無事終わり在学生のみんなは春休みに入りました。今週は担当した授業をふり返りたいと思います。

 まずは1年生を対象とした「入門ゼミ」。1年間を通じて、大学での過ごし方や取り組む姿勢、調査方法やレポートの書き方など、大学生としての素養を身につけていく授業です。私も赴任1年目でしたので、一緒に一つひとつ広島経済大学への理解を深めていくこととなりました。

semi1.jpg メンバーは12名いましたが代表して山本さんに授業の感想を書いてもらいました(どうもありがとう!)のでご紹介します。

 1年間入門ゼミを受けてきて、一番驚いたのは前期と後期とでの内容のギャップです。前期は大学生活のことについてなどを教科書で読んだりプリントに書き込んだりなど、割とゆったりした内容でした。しかし、後期に入ってからは自分でテーマを決めて調査し、レポートを書くという前期とはまったく違った内容に変わっていて少し戸惑いました。そのレポートも、参考文献の記入など、今までにやったことのないことを取り入れたり、私の場合は文献からの情報を引き抜いてくるだけではとても作成できそうになかったので、自分で調査をしたりしてけっこう骨が折れました。
 と、いろいろ大変ではあったのですが、前期・後期で学んだことはどれも重要なことで、これから大学生活を送る上で知っておく必要のあることばかりだったと思います。1年間を通して大学の基礎を学んだので、これからはより良い大学生活を送っていける気がします・・・多分。(山本明日香)

 1年間お疲れ様でした。高校から大学へと大きく環境が変化する中、戸惑うことも多かったでしょうが、ふり返れば、それぞれのテンポでみんな驚くぐらい多くのことを身につけてくれたと思います(^^)よい春休みを! 4月からまた一緒にがんばりましょう。

posted by 土屋 祐子 at 17:27| 土屋ゼミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広島経済大学 〒731-0192 広島市安佐南区祇園5-37−1
TEL:(082)-871-1000 FAX:(082)-871-1005

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。