2009年02月18日

初めての映像制作を終えて

 今日ご報告する「デジタルメディア演習I」は映像制作の入り口となる授業です。「リニア編集に挑戦! デジタルメディア演習I」で紹介しましたが、基本的なカメラ操作の練習から、企画、構成、撮影、編集と実践的に学んでいきます。授業では3回、パートナーを変えながら1分程度の映像を制作しました。3回目は自由テーマとし「経済大から見ることができるとっておきの風景」「経大生のファッションセンス」という自分たちの発想で撮影を行いました。

 もちろん、全て初めてのことですから最初からうまくはいきません。私の教え方も含め、とまどいもつまづきもあったと思います。最後の授業では、半年を通じて学んだことを、特に最初うまくいかなかった点を重視して書いてもらいました。スペースの都合で全員ではないですし部分的な抜粋になってしまうのですが、ご紹介します。いかにみんなが主体的に、多くの気づきを持って取り組んでいってくれたかがわかります。実に楽しく、学びの密度の濃い半年間でした。

movie1.jpg

 作品を制作するにあたってまず大切なのは観る人に何を伝えたいかを明確にすることです。とりあえず、何でも良いから撮ってみようかといった考えでは、なかなか良い作品は仕上がりません。どうすれば相手に伝わるか? 何を撮れば一番分かりやすいか? そこでどんなセリフを話せば良いか? などしっかりと考えた上で構成を練っていくのが大切です。行き当たりばったりな感じで制作に取り組むと、グダグダになってしまうことは、今回の授業で、ひしひしと感じました。(鴻上将大)

 (映像制作で大切なことは)ロケーションハンティングを行い、出演者のアポイントメントを出来るだけ早めに具体的に決めておいた方がいいということです。最初の頃の撮影でロケハンなどきちんと準備していなかったために、撮影時間も長引いてしまい、スムーズに進めることができませんでした。また、撮影が授業中なため、急に撮ろうと思ってもちょうど良い出演者が見つからず、あり合わせの人達で撮影を進めていくはめになってしまいました。(S)

movie-production2.jpg

 作品の撮影をするにあたって、最初はパンやズームなどを、むやみに使っていました。技法を使えば、上手く撮ることが出来ると思っていました。撮影後、みんなで見てみると意味なく技法を使っていることが不細工に映り、自分たちが何を表現したいのか、全く伝わりませんでした。作品を作っていくにあたって、段々とパンやズームを使わない方がシンプルできれいな映像が撮れると分かっていき、やりやすくなりました。またアングルなどを工夫すれば、同じ場所でも、全く映り方は変わってくると分かりました。ローアングル、ハイアングルなど、自分で見方を変えるだけで、違う景色になると知りました。(宮原亮)

 (映像制作)に大切だと思うのは、撮影の技術です。今回、3回の制作をしてみて、いつもは何気なく見ているテレビのカメラマンの人達が、どれだけ技術が高いかが分かりました。自分達の作品を見てみると、映像がブレていたり、パンするスピードが速すぎるなど、撮っている時には分からなかった、難しい点がたくさんありました。どれだけ完璧に準備をしていても、映像がブレていたり、撮影する環境に合ったフィルタの調整が出来ていないときれいに撮れません……映像制作の難しさを知ってから、テレビなどを見ると、カメラマンの伝えたい事などがよく分かるので、撮影の技術は大切だと思いました。(久保光)

posted by 土屋 祐子 at 16:01| 土屋ゼミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

大学の入り口

 こんにちは。土屋です。まだ寒いですが、眩しい日差しに春の訪れを感じます。何か心はずみますね。試験も無事終わり在学生のみんなは春休みに入りました。今週は担当した授業をふり返りたいと思います。

 まずは1年生を対象とした「入門ゼミ」。1年間を通じて、大学での過ごし方や取り組む姿勢、調査方法やレポートの書き方など、大学生としての素養を身につけていく授業です。私も赴任1年目でしたので、一緒に一つひとつ広島経済大学への理解を深めていくこととなりました。

semi1.jpg メンバーは12名いましたが代表して山本さんに授業の感想を書いてもらいました(どうもありがとう!)のでご紹介します。

 1年間入門ゼミを受けてきて、一番驚いたのは前期と後期とでの内容のギャップです。前期は大学生活のことについてなどを教科書で読んだりプリントに書き込んだりなど、割とゆったりした内容でした。しかし、後期に入ってからは自分でテーマを決めて調査し、レポートを書くという前期とはまったく違った内容に変わっていて少し戸惑いました。そのレポートも、参考文献の記入など、今までにやったことのないことを取り入れたり、私の場合は文献からの情報を引き抜いてくるだけではとても作成できそうになかったので、自分で調査をしたりしてけっこう骨が折れました。
 と、いろいろ大変ではあったのですが、前期・後期で学んだことはどれも重要なことで、これから大学生活を送る上で知っておく必要のあることばかりだったと思います。1年間を通して大学の基礎を学んだので、これからはより良い大学生活を送っていける気がします・・・多分。(山本明日香)

 1年間お疲れ様でした。高校から大学へと大きく環境が変化する中、戸惑うことも多かったでしょうが、ふり返れば、それぞれのテンポでみんな驚くぐらい多くのことを身につけてくれたと思います(^^)よい春休みを! 4月からまた一緒にがんばりましょう。

posted by 土屋 祐子 at 17:27| 土屋ゼミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

やっちまったなぁ

いやー写真を沢山アップするexclamation×2といったものの、不具合でアップできませんorz

もお〜やっちまったなぁexclamation×2exclamation×2exclamation×2

てことで陳腐な文章で軽く解説しまーす。

まず第2弾バンドに決まったバーンについてexclamation×2

経大生3人によるバンドでうち2人はメディアビジネス学科の生徒です。
ハードロックを基調とし、特別なことは何もしていないロックンロール猫

良いものはいつまでたっても良いと思わせる音楽性は必聴ですexclamation

さぁレコーディングレポに行きましょうかね(o・v・o)

レコーディングスタジオは「セントルイズ・スタジオ」
住宅街のど真ん中にある一見スタジオに見えない隠れ家的な場所。

初めは笑顔も見せていたバーンの面々でしたが、テイクを重ねるにつれ、余裕も無くなっていき、緊張感が張り詰め……

ミスが許されないレコーディングはとてつもなく過酷な作業なのだなぁと思いましたね( ̄▽ ̄)

そんな苦労をして出来上がったのだから駄作なわけがありませんexclamation×2exclamation×2exclamation×2

表題曲は、スケールのでかいロックンロールの曲で、カップリングには、シットリと甘いバラードナンバー(>д<)

リリースはまだ未定ですが春には皆さんのお耳に届けることが出来るのではないでしょうか。

お楽しみにexclamation×2exclamation×2
posted by 生明 俊雄 at 23:34| 生明ゼミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

第2弾バンド発表!

第2弾バンドは………



Burnexclamation×2exclamation×2exclamation×2



に決定しましたぴかぴか(新しい)

いえーい(o・v・o)

てことで只今レコーディング中であります(o^-^o)

どうにか無事に終わりそうです。
リリースはまだ未定ですがお楽しみに( ̄▽ ̄)

次回こそ、レコーディングの写真を一杯載せてレポートしまーす(´Д`)
posted by 生明 俊雄 at 16:12| 生明ゼミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

アザミゼミのお時間です

どうもお久しぶりです!!
今回のアザミゼミブログの担当はあいもかわらずりょーたでございます((+_+))

さてさて、我々学生は試験も終わり春休みに突入いたしました。
いままで長期の休みになるとワクワクしたものですが、今年は何かが違う・・・


そう就活です(−−〆)

ほんとこの休みが勝負ですからねぇ〜がんばりましょうーーー(^^)/

そしてexclamation×2exclamation×2exclamation×2
HUE-STAR第二弾アーティスト決定ひらめき
前回のライブから話し合った結果・・・


それは次の更新でわーい(嬉しい顔)


ゆーて昼過ぎごろにしますけどね。
なぜかって??

それは第二弾アーティストのレコーディングが今日明日と行われるからデスexclamation×2exclamation×2
そうです。CDリリースも決定いたしております。
なわけで、今日明日とレコーディングの風景を(ほぼ)リアルタイムで更新します。
よろしくねーーーー( ..)φメモメモ

追記
古本先生のブログに出てきたキジ、見たことあります!
ほんとに綺麗でしたよ手(チョキ)
posted by 生明 俊雄 at 09:52| 生明ゼミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

雉も・・

                                                           

  最近、私の研究室(7号館:情報センター)の近くに雄の雉が           
  出没します。                              
                          .\ 窓から撮影しました。
  
  羽根やしっぽの色がとてもきれいで、 近づいてきたら、飽きもせず眺めていました。
  職員の方のお話では、前から見かけられたそうですが、情報センター近辺で見かける
  様になったのは、ここ二か月程です。
       黒い猫です。   F100001601.jpg     F100001801.jpg             
  
  ところが、ここ数日雉が来ません。大学近辺に魅力が無くなったのかな、などと
  勝手に思っていましたが、今朝写真のような獰猛な(?)顔をした黒猫が歩いて
  いました。(遠くにいるのを撮影したため写真では獰猛さが見えない)
  この猫を警戒して近づかなくなったのかも知れません。

   雉の事を書いていて、雉に関することわざや慣用句を思い出しました。
  「雉も鳴かずば撃たれまい」「雉子(きぎし)の頓使い(ひたづかい)」
  「焼け野の雉子(きぎす)夜の鶴」「朝雉が鳴けば雨、地震が近づけば
   大声で鳴く」などなど。意味は書きませんが、ケーンケーンと鳴く声に
  由来したものも多いようです。(一度鳴き声を聞いたが雨にはならなかった)
   
   雉も鳴かずば・・と言われることの無いよう、自省も込めて雉との再会を
  待ちます。

  追記:最初の投稿時、「くろがねもち」について書きましたが、昨日朝は
     真っ赤な実を葉が隠れるくらいつけていたのが、夕方帰宅したら
     きれいに無くなっていました。家の者に聞くと一日中「ひよ」の
     軍団が来て、食べていったそうです。「ひよ」がどうして昨日来たのか
     何故集団で来たのか、調べると面白そうです。

posted by 古本 泊 at 17:47| 古本ゼミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

歯切れよく生き生きと


 後期の授業を反省し、まとめながら考えたことの中に、
「自己表現」ということがあります。

 
これは、私の担当している「ビジネス口頭表現」や興動館科目の
「朗読」にかかわりますが、
そのほかの演習、ゼミ、などにも関連しています。

3年生、4年生のいわゆる「就職活動」にも大いに関係します。

 
タイトルに「歯切れよく」とつけたのは、話し手の声や話し方を誉める時にこうした表現をする事が多いように思うからです。

それは明瞭な声と話し方ということです。
 大切なのは、内容が明瞭であることが「歯切れよく」の一部だということです。 

もちろん声そのものや発声も聞きやすく歯切れよくしたいものです。
声のもとは「息」ですから、きちんと声を出すためには
息を上手に使うことが大切です。
そのために腹式呼吸を応用するのです。 
  「興動館授業、朗読の発表会」興動館.JPG

以下、授業風に・・・・・・
 

 まず、5〜6秒間で息をゆっくり吐き出します。
続いて、一気に息を吸います。このときに肩が上下しないように気をつけましょう。

肩ではなくおなかが動きます。おなかがへこんでいって、
次にふくらんでくるような感覚をつかんでください。
 こうして、
おなかで息を出したりいれたり感覚を練習すると、
声に力がついてきます。息をきちんと使うことは、声を出す基本です。
 

また、声帯をのびのびさせて、歯切れの良い声を出すためには、
声帯とその周辺の筋肉を緊張させずリラックスさせる必要があります。

身体全体の緊張もほぐしてあげましょう。 
 

相手との距離感と方向性は、コミュニケーションの取り方の
基本としても重要です。届く声は、声の大きさだけでなく、
意識がどこに向けられているかにも影響されるようです。

届かせたい、伝えたい、わかってもらいたい、といった感覚が、声の力になります。
              

        「スタジオでの演習も」 スタジオ.JPG

 
 自分自身を見せたくない、恥ずかしい、
という気持ちでは「歯切れよくいきいきと」は無理なのです。
 

声を使って伝える、というのは自分を表現したいという動機がどうしても
必要です。

こうしたことが、十分授業で伝えられたかどうか?
細かいテクニックのような部分に埋没していなかったか? 

            反省とともに・・・・・

 蔭山武人の今回のブログ担当を終わります。では次の古本先生、どうぞ!

posted by 蔭山 武人 at 17:41| 蔭山ゼミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

後期定期試験開始


多くの大学2学期制で、広島経済大学も前期後期の二学期で
一年間となります。

今後期の授業が終わり、定期試験という大切な時期を迎えました。
  

この時期は定期試験だけでなく、まとめのリポートを提出しなければならない授業(講義)や口頭での発表などなど、学生にとってとても頭を使い、時間を使わなければならない時期なのです。

 
蔭山武人自身は、ゼミが2クラス、演習系の科目が2科目、口頭表現が1科目で、定期試験を行うものはありません。

試験はありませんが、リポートの提出、演習での課題作品の提出、最終試験に近い形での「口頭発表」などをすでに終えています。
 

何のため?
当然ですが、受講学生の成果、進捗を成績という形で評価するためです。

これは、私にとって(おそらく、先生としてだれにとっても)実に細やかな集中力のいる作業です。
 相対的な順位(のようなもの)を重視するのか、絶対的な本人の進捗度などを重視するのか、課目によっても、その期の授業内容によっても微妙に変わると思います。

私自身は、「個性」を重視するタイプなので、一人一人の進度に傾いているかもしれません。
 そんなことを考えている折研究室の窓外に、群雀が可愛い姿を見せてくれています。
画像 003.jpg

よく見ると皆個性があるのですね。

「個性」ということばは、実に奥深い言葉です。
 

あーぁ
こんなことを考えていると、受講している学生の一人一人の顔が浮かんできて、またまた、成績をつけるのが難しくなります。

 
その意味では、「『定期試験』の点数を最優先!」というのは、わかりやすい、
納得しやすい評価手段なのかもしれません。


posted by 蔭山 武人 at 12:11| 蔭山ゼミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

寒い冬の休日

土曜日曜は原則お休みです。
私、蔭山武人はボランティア朗読指導のため、関東各地を巡っています。
今回朝の飛行機から、富士山がとりわけ美しく見られました。画像 014.jpg

「富〜士〜は日〜本一の〜やま〜〜」 と唄にありますが、
私たちの世代にはこの歌詞とメロディーが、完全に「すりこまれて」いるようです。
思わず、機上で口ずさんでいました。

こんな時、必ずフライトアテンダントの、機内アナウンスがあります。
「左手に富士山がご覧いただけます」
たまに、機長がやってくれたりします。画像 012.jpg

大学授業と関係ない話になりそうですが、
実は、私のゼミは、「イベント」「演出」「サービス」を3大キーワードに
学生と議論し、視察をし、研究をしています。

「すべての仕事はサービス業である」というテーマで
ディスカッションもします。

機長のアナウンスは、サービスのようなサービスでないような・・・・・
「おまけ」とでもいうべきものでしょうね。

私からの「おまけ」
上記のメモは、理論としての定説ということではありません。
サービスとは何か?については様々な意見がありますので・・・・・・・

では、今日はこれで失礼します。
posted by 蔭山 武人 at 09:25| 蔭山ゼミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

小西先生 第3の人生へ

小西先生.jpg 2004年のメディアビジネス学科創設以来、苦楽をともにしてきた小西修一先生が、この3月末で大学を去る。4月からは妻の裕子さんと一緒に沖縄県石垣島で第3の人生をスタートさせる予定。絵に描いたような団塊世代の一つの生き方をたどる小西先生に聞いた。

 

 −南の島への移住は前から考えられていたのですか。

 

 広島経済大学にお世話になる前は、松下電器産業(現パナソニック)でビデオ関係の仕事に携わり、最後は航空機内のAVシステム事業の責任者をやっていました。私の人生で一番、忙しいころで米ボーイング社の本社があるシアトル、米連邦航空局(FAA)の試験場があるロサンゼルスなどを中心に世界中を飛び回っていました。めったに大阪の自宅には帰らない、“モーレツ社員”でした。そのころからです。自分の中に何ものにもとらわれない自由で気ままな生活を送りたいといった気持ちが芽生えてきたのは…。

 

−経済大学には5年前、教授としておいでになったのですよね。

 

そうです。57歳のとき話がありました。少し落ち着いて物事を考えてみたいと思い始めていた時期でした。メディアビジネス学科のスタジオなどに入れた機材の多くが松下製だったこともあって、大学でメディア技術論などを教えることになったのです。

 

 −学科では学科主任なども歴任されましたが、「自由な生活」という夢を捨てきれなかったということですか。

 

 というより大学での教員生活がちょうど5年。学科創設時の1年生を送り出し、あと1年やってなんとか自分の責任は果たしたと思いました。それに南の島で暮らしていくには体力的に、もうスタートしなくてはとの思いもありました。

 

 −石垣の暮らしはどんな環境なのですか。小西裕子.jpg

 

 土地は竹富島に近い石垣島の南端に約1650平方メートル(約500坪)を購入しました。家の前の防風林を抜けると前にさんご礁が広がっています。しばらくここでシュノーケリング、ダイビング、釣りなどをしながらのんびり暮らそうと思っています。ダイビングのライセンスは15年ほど前にとりました。家内も一緒に潜ります。今、家を建てようとしているのですが、自然保護区、美観地区ということもあって少し工事が遅れています。しかし、大阪の自宅はすでに手放したので4月からは石垣暮らしのつもりです。

 

 人口減の進む日本の地方の中で、沖縄県は増加傾向が続いている。本土からの移住者が多いせいもある。石垣島は沖縄本島、西表島に次ぐ大きさ。白帆地区の青サンゴ礁は有名で、ダイビング好きの人は一度は訪れたいと夢見る。現在の人口約46000人。小西夫妻もそのうちの二人となる。自分たちの夢に向かって果てないチャレンジを続ける夫妻の第3の人生が実り多いものになるよう広島からエールを送りたい。

 

 (写真は「石垣生活」の夢を話す小西先生。石垣島でマンタとツーショットの

裕子夫人)
posted by 小野 増平 at 14:17| 小野ゼミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広島経済大学 〒731-0192 広島市安佐南区祇園5-37−1
TEL:(082)-871-1000 FAX:(082)-871-1005

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。