2009年01月20日

日本の広告費

出版不況差し替え.jpg大学は後期の授業がほぼ終わり、補講、レポート提出、定期テスト準備の時期に入っています。今日20日の昼下がりはうらうらとした穏やかな冬日です。研究室で4年生の卒論のにらめっこに飽いてブログに向かうことにしました。


 先日の日本経済新聞(1月16日付)に気になるニュースが載っていました。広告代理店大手、博報堂DYホールディングスの主要3社の昨年4〜12月の単独売上高の合計値が前年同期比5%減だったというニュースです。主要3社とは博報堂、大広、読売広告社です。

 この傾向は、もう一つの巨大広告代理店、電通も同じです。同社も昨年4〜12月の単独売上を前年比7%減と発表しています。

 
 景気の浮き沈みの影響を直接に受ける広告費は、常に対前年で上がったり、下がったりを繰り返します。

 しかし、2004年に日本経済の回復基調を受け4年ぶりに前年を上回ってからは2007年まで連続して増加してきました(電通調査)。それが2008年で途切れる可能性が大きいのです。

 
 電通は昨年の年初、2008年の日本の広告費を101・7%程度と予想していました。米国経済の減速に伴う世界経済の成長鈍化を懸念しながら、北京オリンピック、洞爺湖サミットなどがプラス要因となって積極的な広告出稿が期待されると予想していたのです。

 
 ところが昨年秋から予想をはるかに上回る規模の「世界同時不況」です。広告費が激減したのは当然です。この影響をもろに被っているのが、いわゆるマスコミ4媒体と呼ばれるテレビ、新聞、雑誌、ラジオです。いずれも規模の大小を問わず激浪の中、木の葉のように揺られています。雑誌は昨年から相次いで廃刊、休刊が続いています。新聞、テレビもメディア再編の中で、企業としての生き残りに必死です。

 
 メディア業界の再編は、景気だけでなくインターネット、携帯電話の普及によってメディアの構造自体が大きく変わってきていることの方が重要です。不況の中にあってもインターネット・携帯電話向け広告費は対前年で伸びています。

 
 メディア学科に学ぶ私たちとすれば、現在のこの状況に眼を凝らしておく必要があります。メディアの基本が権力を監視するジャーナリズムにあるのは間違いありません。しかし、そのジャーナリズムを守るためにもメディア業界の動向をきちんと把握しておかねばと思うからです。

  (写真は『未曾有の苦境 出版界の徹底研究』を掲載した『創』2月号)

posted by 小野 増平 at 22:46| 小野ゼミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

センター試験

 今週(1月17日〜)は再び小野の担当です。時の流れが速く、せわしく感じられるのは単に年齢のせいだけではなさそうです。

 

センター試験burog.jpg さて今日、18日は大学入試センター試験の2日目でした。広島経済大学も広島県内25会場の1つとして受験生約2千人を迎えました。今日は昨日の国語や外国語など文系教科に続き、数学、理科の理系の科目。各教室ともピンと張り詰めた雰囲気の中で試験がありました。

 

 試験監督として1時間目から5時間目まで、ほぼ1日付き合ってこんなことを思っていました。私自身はほんの2年前まで現役の新聞人。記者、編集者として共通一次、センター試験を長く見てきました。そんなときいつも感じていたのは「スムースに行って当たり前」という思いでした。

 

 しかし今回、試験を支える裏方の大学人として関わって、その「当たり前」のためにどれほどの努力が図られているかよく分かりました。全国54万人の受験生が、可能な限りの同一条件下で受験する。その公正と平等のために費やすエネルギーは膨大なものです。試験準備、監督のマニュアルは一言一句まで実に細かく定められていました。これほど物事を、こと細かく全国いっせいに執り行える国民は世界にそう多くはないでしょう。

 

 幸い経済大学では試験は大きなトラブルもなく順調に終わりました。5時間目の理科Bが終了したとき、外はすでに真っ暗。試験が終わるのを待っていたかのように氷雨が降り始めていました。多くの受験生はこれからさらに2次試験へと進むのでしょう。いつもすべてが思うようにいくわけではありません。しかし、長い人生です。若者が関門の一つ、ひとつを、何かを得ながらくぐっていってくれればと願います。

 

 一方、センター試験中の土、日曜日。メディアビジネス学科のスタジオ編集室では古本・小野合同ゼミ(3年生)の学生たちが休日返上でビデオ作品作りに励んでいました。昨年の3月から続けている「ぶらり可部線 駅かいわい」の10本目の制作です。

 

 就職活動や学期末のレポート、試験準備に追われ、時間がなくなってしまったのです。「時間がないは言い訳にならない」「公共の電波に乗せて放送する以上、責任がある」。こんな思いで制作に励む彼女、彼らには、身内でありながら「多謝」との思いがこみあげてきました。

posted by 小野 増平 at 22:49| 小野ゼミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

日本の伝統色と出会う

adoco1.jpg新年早々、素敵なプレゼントをいただきました。日本の伝統色20色入り水彩毛筆セット。放送局に勤務していた時には、日々違う話題を追いかけ、心に余裕がないからこそ、逆に何かをじっと見つめてみようと絵手紙を我流でやっていました。せっかく描くのだから、と無謀にもインタビューさせていただいた方にお礼状は絵手紙でお送りしていました。下手の横好き・・・なのですが、お話のポイントとなったものを描いたりしたせいか、さらにお礼状をいただいたり、交流が続いたりしたこともありました。仕事を辞めたとき、留学してイギリスの景色を描こう!と簡易セットは持っていったのですが、英語力の未熟な外国人留学生にそんな心の休まる時間は持てず、一度も筆を手に取る機会はありませんでしたが。


adoco7.jpgさて、今回いただいた日本の伝統色。桃色・茜色・薄橙色・黄土色・緑青色・空色・藍色・若草色・紺色・茶色・朱色。黄色・群青色・紫色・焦茶色・紅色・牡丹色・松葉色・銀鼠・墨色の20色。いや、色ももちろん美しいのですけど、この響きがなんともいえず雅で。多くは古代、たとえば源氏物語などの時代からあるものでしょうし、当時の日本人が四季折々に目の前に現れる自然がおりなす色の世界を言語化して生まれた言葉。人生で直接見聞きできることは限られているのですから、その繊細な色合いの美しさをどうにか他者に伝えようというコミュニケーションの発達によって、これらの言葉に形成され、同じ自然環境に生きる人が色のイメージを共有することができるようになったという産物ですから、日本語の語感をもっと大事にしていきたいな、と思うようになりました。

adra10.JPGadoco2.jpg群青色なんて、わたしは最近「ロイヤルブルー」なんて表現しちゃうような深い美しい青ですけれども、自文化が豊かに育んでくれたものに立ち戻り、自然界との接点から生まれた色の感覚にもうすこし目を向けていきたいですね。ということで、これもきっと新しい年、再び絵手紙を始めて、モノゴトを絵的にとらえてみなさい・・・ということなのだと思いますので、再び光と影の世界と向かい合ってみようと思います。(画像は友人からい ただいた、手描き賀状です。やっぱり手描きとか毛筆だとあたたかさが伝わりますね・・・)こうやって、自分の手や目を動かして、草木の香りや空の青さ、色の濃淡など自分の五感に訴える何かをじっと見つめていけば、ただそのままモノを映すだけではなく、自分らしい表現が見つかるかもしれません。また、身の回りの景色や静物を観察することによって、デジタル社会が切り取り、目の前に「事実」として突きつけられる映像とは違う、自分の好きなことや興味のあるものに対して、アンテナが研ぎ澄まされ、感覚が鋭敏になるかもしれません。と、わたしのように、新年ですから、興味がありながらいままでやらずに来たことを、えいやっと始めてみるのはいかがでしょうか?楽しい、続けられる、と思えばまっしぐらに進めばいいし、やらないであきらめるより、豊かな発想力が身につくかもしれませんよ。新年の抱負に、とりあえず一歩踏み出すことで実現可能なものをひとつ見つけて、いっそ始めてみませんか。

posted by 林 晶子 at 06:22| 林ゼミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

映像で社会と対話する

後期には2年生向けの、映像制作の専門クラスを担当しています。ことしは10月末に、放送局のカメラマンにもクラスにお越しいただき、映像で伝えたいものに迫るためのカメラワークの要点をおしえていただきました。(興味のある方はこちらへhttp://centre.cocolog-nifty.com/media/2008/11/post-4a1d.html

ajim.jpgこのクラスでは、いままでの先輩達は「横川のまちおこし」や、「mixiを事例にしたオンラインコミュニティの光と影」、「宮島の鹿に見る、人間と動物の共存問題」など、社会で話題になっているテーマのうち、自分達の目で現地で直接話を聞き、直に映像におさめるためにさまざまな事例に深いレベルで触れることで問題の本質を理解し、「これって実は、マスコミが報じている切り口のようには、簡単に結論づけられないものなのではないか」と疑問に思ったことを違う視点から問題提起するかたちで作品を作ってきました。というのも、「これまでにカメラ操作や編集など学んできましたが、それらの映像文法というのは、映像という表現方法でチームで協力して、さまざまな情報をああでもない、こうでもない、と自分達の伝えたいただ一つの結論を伝えるため。英会話と同じく、発音が正しくても内容がなければ、相手の心を動かすことは出来ません。だから、2年間の総決算のつもりで作品を作ってください」と最初に言っているせいかもしれません。

今回もabso1-1.jpgやはりテーマを決めるまでがいちばん大変でしたが、結局みんなが投票で決めたテーマは「日本abso6.jpg学生支援機構の奨学金 返還滞納者急増問題の裏にあるもの」。昨年以降、世界を襲っている経済環境の悪化が奨学金の返済を難しくしている、というのはもちろんあるのですが、それ以前から滞納者は急増していました。その理由はなぜなのか。さまざまなデータを収集し、奨学金利用者にインタビューを行いました。また、支援機構が発表した、2010年より、3か月以上滞納した利用者を、信用情報機関である「全国銀行個人信用情報センター」に通報するというペナルティ措置についての意見を、現在返済している方やこれから返済する奨学金利用者たちにインタビューしていました。

abso5.jpgabso4.jpgインタビューを見る限り、この奨学金をそっくり学費に当てている、という学生も多く、制度そのものが大学進学を可能にしている現状がある以上、滞納額が莫大になり、奨学金制度が回らなくなるような状況になっては大変です。存続のために、インタビューから見えてきた問題点をまとめています。いろいろ調べたデータや協力していただいたインタビューのうち、どの要素を取捨選択し、どのように伝えれば、問題点への具体的な提言になるのか。視聴者の共感を得るために、映像ならではのインパクトを持たせる工夫など凝らしながら、あと2回の授業で編集を終わらせなければなりません。映像チェックをしているディレクターも編集者も、カメラマンもそれぞれのイメージを共有し、それぞれの持ち場で努力しています。これまでに培ってきたリサーチ力、メディア表現力、すべての経験をフル活用して、説得力のある作品になるよう、最後の頑張りを期待しています♪
posted by 林 晶子 at 07:00| 林ゼミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

自分の軸を持つことが力になる@3年ゼミ

adra3.jpgadra2.jpg新年最初の3年ゼミでは、広告事務所を起業したMさんをゲストにお迎えしました。広告業界の概要やご自身の就職活動のときの経験談、また、「広告という仕事の本質」について、お話していただきました。「これからの厳しい就職戦線に役立つようなお話を」とお願いしていましたので、キャリア教育という側面からも、自己分析の重要性、とりわけ「自分の好きなこと・こだわり」を徹底的に見つめること、を強調されていました。

Mさんは就職活動を始めるとき、「自分は仕事を通じてひとを感動させたい」。こういう、強い志望動機があり、そこから関連する業種をしぼりこみ、実際にいくつかの企業を受験していったそうです。また、最初に就職した業界最大手の会社ですら、丁寧に社員教育をしてくれるわけではなかったそうです。というのも、多くの仕事は「暗黙知」の領域に属するため、言葉で教えられる部分は肝心な部分ではないため、自ら率先して動き、必死で仕事のノウハウを見よう見まねで身につけていくしかない、という新人時代の経験もわかりやすく語ってくださいました。

adra4.jpg「自分は何がやりたいのか」。これは、どんなに素晴らしい就活マニュアルを何冊読もうと、答えは自分で見つけるしかない。ここの軸がぶれなかったから、芸大出身ではない自分でも、独立後は独学で勉強を続け、美しいものを目の当たりにし、すごいと思う広告に数多く触れることで、自分で広告を作ることもできるようになったと、過去の仕事のポートフォリオを見せていただきました。クライアントの要望や問題解決方法を自分というフィルターを通すと、このようにコンセプトを一点にしぼりこんで、グラフィックとして「見える化」して、落とし込んでいく。それが社会とコミュニケートするという広告の仕事であり、アートと広告の違い、という具体例をいくつか示していただきました。過去の仕事がすべて自分のブランドになり、営業は特にしなくても、作品やクライアントとの関わり方が名刺がわりになるのだ、という広告業界の仕事の流れが学生にも、実感できたと思います。また、いまはいろんな書籍やソフトウェアが充実しており、勉強しようと思えば、いくらでも学べる時代。自分の夢のために、自ら動いた人間が、やはり力をつけるのだ、と経営者からの視点でも「求められる人材」のお話をしてくださいました。

adra5.jpgクリエイティブ系のエントリーシートの相談に来ていた学生にも、「う〜ん、なんかきれいにまとまってるなぁ」とズバリ。いや、ラッキーですよ、締め切りまでまだ時間がある段階で、プロに問題点を指摘してもらえたんだから。「こういう企業が応募者に求めているのは、ソフトウェアの技術の巧拙ではないよね。あなたがいちばん伝えたいこと、コミュニケーションしたいことが一目でわかること。逆に荒削りでいいから、そこをぱっと『見える化』するほうが、新鮮で目を惹くんじゃないかな」。さぁ、締め切りまで悩んで悩んで悩むのだ、I君!自分が伝えたいことは何なのか。これって、今回のお話のベースである、「自分の軸を持つこと」と共通するわけで。わたし自身も、自分の軸ってなんだろう、と問い直し、大変勉強になりました。3年ゼミ生のみなさん、今回の話を活かして、好きなこと、やりたいことの軸を固めて、その夢をつかむために必要なステップを考えていきましょう。
posted by 林 晶子 at 08:07| 林ゼミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

映像サポーターミーティング

これから1週間は林が担当します。本年もよろしくお願いいたします。

「次世代の映像制作者にこそ、地方の情報発信の魅力」について本格的に学ぶ場があれば、と広島フィルムコミッションの方がたや他大学のメディア教育の先生との話し合いの結果、フィルム・コミッション主催で実際に動いていただいて、イベント実現の運びとなりました。日時は1月17日(土)17時から20時まで、場所は広島市まちづくり市民交流プラザ6階、マルチメディアスタジオです。

入場は無料です。広島という土地をじっくり観察し、そこでの独自性について自らのテーマをあたため、世に問い続ける、広島が誇る映像ディレクターのみなさんがご自分の作品について語るのが第一部。その後、それぞれのディレクターたちが小さなグループに分かれ、少人数にて直接ご本人達とディスカッションが出来る、めったにない機会です。出席される講師の方々と、それぞれの作品は、中国放送からは平尾直政ディレクターが「子どもと島とおとなたち」を、広島テレビからは山本敦士ディレクターの「108年目のボンジュール」。広島ホームテレビでは野中保宏ディレクターの「ストリートファイターズ@広島」、テレビ新広島からは川口修治ディレクターの「小さな追跡隊・千円札どこまでいくか?」。そして、NHK広島放送局からはドラマ「帽子」を担当された、黒崎博ディレクターが参加されます。わたしももちろん、5局のディレクターが一堂に会するなんて絶好の機会ですし、出席させていただきます♪

azbc1.jpgaclo.JPG経験のあるなしは関係ありませんので、映像制作に興味のある学生は、映像を作る醍醐味や、取材テーマを選ぶ視点、そしてそれをどのような構成にしぼりこめば「魅せる作品になるのか」など、多くのことが学べるこの機会に、足を運んでみてはいかがでしょう?(わたしはいつか、映像制作者にとっては、困難なテーマのひとつ、といわれるこういう動物とのコミュニケーションをテーマにしたドキュメンタリーを作ってみたいと思っています・・・)
posted by 林 晶子 at 06:49| トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

鬼に金棒

というわけで、いっぽは置いておいて、卒業論文です!!
鬼05.jpg

「メディアとしてのいろはかるた」に取り組んでいるもえさん、今度は「鬼に金棒」かるたですか!?

えっ、何で鬼と金棒が結びつくかって?
そりゃあ、鬼と言えば金棒でしょう……すみません、答えになってませんね(^^;;
金棒って、あのいぼいぼのついた重い鉄の棒。
それを振り回せるのはやっぱり怪力の持ち主でなければ。
としても、いったいいつ頃から鬼は金棒をもっているのでしょう??

そこでもえさんの手元の資料をよくよくみると……
鬼08.jpg

持ってるじゃないですか、鬼がそれらしきものを!!

しかし、えらいもの見てますね(^^;;

地獄絵じゃないですか、これ。
焦熱地獄ですよ。
いくら卒業論文とはいえ、女子がこのようなものを。


  ………………







    かわいいなるほどかわいい

これはおもしろい!!
寛文11年って江戸時代ですが、往生要集(おうじょうようしゅう)は確か平安時代の本ですね。地獄の解説本で、いわば中国本の翻訳本。

「鉄棒」の使い方まで書いてありますけど……これはえげつないふらふら
突くは叩くは……
鬼といえば金棒というぐあいに密接に結びつくだけのことはありますよ。しかも絵はインパクト強いですから。

言葉自体はまだできてませんが、ルーツはこのあたりかもしれませんね。
もえさん説、いけそうですわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

じゃあハンカチもってたら鬼にハンカチですかって……、
備後弁研究のMさん!! あなたの突飛な発想は面白すぎですもうやだ〜(悲しい顔)

しかしですよ、ではなぜ悪い意味ではなく良い意味で使うのでしょうね
強い者がより強く、ほぼ最強最高というニュアンスに近いですものね。
鬼に金棒もたせたらろくなことない、そんな使い方ってないのでしょぅか。課題です、もえさんわーい(嬉しい顔)


今週のメディアビジネス学科便りは長谷川がお送りしました。
ありがとうございました。





posted by 長谷川 泰志 at 21:27| 長谷川ゼミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いっぽ冬号

いっぽ09.jpg 


 3年ゼミ生編集発行のいっぽ冬号ができましたのでご紹介します。

 無料ですのでどうぞお手にとってみてください。

 学内各所、そして学外にも置きます。

 今日、ゼミ生たちが置きにまわっていますので、終わり次第、場所はいっぽ編集部ブログからお知らせします。
  
http://ippo-2.seesaa.net/







なかみをちょっとだけ……こんなになってます

いっぽ12.jpg いっぽ03.jpg

いっぽ04.jpg いっぽ06.jpg

今回、クーポンがついているのが特徴ですね。
いっぽ07.jpg

経大生のみなさん、どうぞご利用ください。

もちろん地域の方々、広く学外の方々、教職員のみなさんにもご利用いただければ嬉しいです。

4年ゼミ生が、早くも先輩として何やら言いたいことがありそうですが、…………
いっぽ02.jpg
     
え、ケーキ食べたいですって?
  
   さあ、卒業論文をやりましょうわーい(嬉しい顔)




posted by 長谷川 泰志 at 19:46| 長谷川ゼミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤ペン先生!

卒論1.jpg

















今、最も時間をかけているもの、それは添削です晴れ


はい、赤ペン先生の毎日です(^^;;

 
 4年ゼミは卒業論文わーい(嬉しい顔)

 
 3年ゼミは就職活動用のエントリーシートちっ(怒った顔)

 1年生は文章能力検定対策ふらふら


すべてが重なる時期なのです。


学生のみなさんはそれはそれは真剣で必死です。

卒業論文はいよいよ締切まで1週間切りましたし
みなさん、寝てないでしょう、だいじょうぶですか?
規定では20000字以上が条件です。
各自のテーマは以前ご紹介したとおり。
http://media.blog.hue.ac.jp/article/108770119.html

うちのゼミでは途中で何度も助言と添削を繰り返す方法をとっています
といいますか、今年は自然とそうなりましたね(^^;;
何回も推敲することになりますから、それはいいものになっていきますね。


エントリーシート
、これはもう、学生の皆さんの人生かかってますから
私たちも真剣にアドバイスしますとも
そして、だいたい締切直前のケースが多い……(^^;;
ES.jpg
 ほかにも時事問題小論文やおもしろ課題作文、
 
 自分を色に例えると、とか
 
 人生の三大ニュース、とか

 きっと頭を悩ますことばかりでしょう
 
 しんどい時期だけど、みなさん気持ちを強くもってがんばろうね!


文検.jpg 大学生にとって、書く作業は相当の比重をしめていま す。
 
 1年生の皆さん、今のうちですよ、トレーニングを積んでおくのは。

 文章能力検定がんばりましょうグッド(上向き矢印)

posted by 長谷川 泰志 at 00:38| 長谷川ゼミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

男のスイーツ!?

スイーツ11.jpg















世の中、男のスイーツブームなんですって!?

しかし、いくらなんでもスイーツ好き男子が52%とは!!!

で、ゼミ生諸君が真剣に考えたのが、地元のケーキ屋さん「ハーベストタイム」(安佐南区山本二丁目13-12)とのコラボ企画、「経大生のための男のスイーツ」ですってわーい(嬉しい顔)
http://ippo-2.seesaa.net/archives/20081218-1.html

スイーツ06.jpg スイーツ04.jpg


スイーツ05.jpg スイーツ08.jpg

試作を繰り返してできた自信作がフルーツいっぱいの上の写真ぴかぴか(新しい)
生クリームの下はプリンらしいですよるんるん

さらにコレとコレも↓
スイーツ01.jpg  スイーツ02.jpg


右は渋めの抹茶味というのは想像つきますが、左は……はて?
……食べてみてのお楽しみだそうですわーい(嬉しい顔)

クーポンサービスまでつけていただいたそうで、店長さんありがとうございました。

10日から発売
だそうです晴れ

詳しくはいっぽ冬号をごらんください。

posted by 長谷川 泰志 at 22:01| 長谷川ゼミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広島経済大学 〒731-0192 広島市安佐南区祇園5-37−1
TEL:(082)-871-1000 FAX:(082)-871-1005

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。